【妊活】年末年始の「お子さんは?」の対処法

年末年始って親戚や友人と合う機会が多くなりますよね。

そこで困るのが、普段あまり付き合いのない人との会話

パワーワード

「お子さんは?」

これは、無難な会話の糸口なんです。

相手に悪気はない。

でも、でも、このワード、辛いですよね。

だって、妊活民は「欲しいのにできない」わけです。

それをやんわりと、ほぼ強制的にカミングアウトせねばなりません。

さあ、今回は、年末年始の、この状況の打開策を考察しました。

返答は決めておく

まずこれはmust。

破壊力のある質問なだけに、必ず、返答は、用意しておきましょう。

総理大臣になった気持ちで、それについては…と

「欲しいのだけどなかなかできなくて」

「私の体調があまり良くなくて」

など、穏便に、かつあなたが伝えたい内容を盛り込みます。

相手はあなたと会話がしたい、あるいは自分の話を聞いてほしいなどの意図があるのです。

決して、ディスろうと思って質問したのではありません。(多分…)

この定型文は今後いつでも使えますから、考えておいて損はないでしょう。

他の話題につなぐ

相手は、あなたと会話する糸口を見つけたい…そういう意図があります。

なので、他の方法で会話を提供します。

相手が子供の話題を取り上げたのなら、おそらく、相手は子供の話であなたと、盛り上がりたいわけです。

人は、自分のしたい話で会話の糸口を探ります。

会話の相手は多分お子さんがいるのではないですか?

でしたら、

「そういえば、○○さんは、お子さん…えーと…いらっしゃいましたよね?おいくつでしたっけ?」

とか、知らなくても、相手のフィールドに意識を転換します。

 

ゲーム性をプラスする

それでも、聞かれると、自分が悩んでいることを再認識させられるため、辛いですよね。

そんなときは、ゲーム性をプラス。

「お子さんは?」

言われた回数×500円

自分に支払いましょう。

賭けをするつもりで。

溜まったお金は、好きなことに使います。

言われたら言われただけ、かけに勝つので、

言われたら心の中で

ガッツポーズしてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。