【うつ、パニック、自律神経失調症】試してみよう!栄養療法。

栄養療法とは?

栄養療法とは…

栄養療法で有名な新宿溝口クリニックホームページの説明では、


栄養療法は「分子整合栄養医学」に基づいた療法です。
海外ではオーソモレキュラー療法(orthomolecular medicine)と呼ばれ、1960年代からうつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されています。

新宿溝口クリニックホームページより

と紹介されています。

主に血液のデータ解析をもとに、足りない栄養素をサプリなどで補う療法です。

分子整合栄養医学って聞き慣れない用語なんですけれど、


すみません、説明する自信はないので、ご興味ある方に向けて、オススメの書籍を。

おすすめの本


最強のオーソモレキュラー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最強の栄養療法「オーソモレキュラー」入門 [ 溝口徹 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2019/11/8時点)


鬱、パニックは「鉄」不足が原因だった

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった [ 藤川徳美 ]
価格:814円(税込、送料無料) (2019/11/8時点)

私の栄養療法体験きっかけ


これに興味を持ったきっかけは、産後謎の体調不良で起き上がれなくなってしまったからでした。

医者からは自律神経失調症と診断され
頓服をもらい、ほぼ寝たままの生活。


体が重く、不安が強く、頭にモヤがかかったような状態でした。

特に不安が強くて、よくある、アウトローな映画のビルの屋上から怖いお兄さんに突き落とされそうになる
そんな時に感じるような怖さでした。

ネットで調べまくり、
産後うつパニックで、検索したところ、

藤川徳美先生の

うつ、パニックは「鉄」不足が原因だった


という本がヒット。


その中には症例がたくさん出てくるのですが
私とよく似た症状の人がたくさんいて
これまたみんな直ってるんですよね。

それでこの栄養療法(オーソモレキュラー)というのに興味を持ちました。

どこで受けられるか?

栄養療法は心療内科などで受けられます。
保険適用外なので自費診療です。
なのでとっても高額……(汗)

病気であまり動けなくて
仕事もできないのに
高額な医療費は払えない……

そんなかたは、まず、貧血かどうかの検査だけでも受けてみると良いかもしれません。

貧血には色々あるらしく、
特に貯蔵鉄であるフェリチンの濃度が低いと、貧血と同じような症状が出るそうです。
しかしながら、普通の血液検査ではフェリチンの測定が……ない。

とりあえずフェリチンだけでも調べるには?

鉄欠乏性貧血の検査などで、貧血の細かい項目を見てくれる病院があります。
また、自宅で検査できるキットも販売されているとか。
私は以前こちらのクリニックのコイン検診で測定しました。
シモキタクリニック貧血検診 1500円

さて、今回は、オーソモレキュラーについて、ざっくりとしたお話しと、私の体験談でした。

ちなみに、今はヘム鉄のサプリを中心に飲んでおり、症状はかなり良くなり、頭もスッキリしています。(あくまで私の場合ですが…)

次回はどのような手順で治療が進むか、レポしたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。